HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>本

『スタンフォードの自分を変える教室』第1章


スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室
(2012/10/20)
ケリー・マクゴニガル

商品詳細を見る


ようやく読み始めました。最近、意志力低下。やらなければならないことが先送りになっている。死活問題なのに、どうしてなのか……。

ちょうど図書館に予約していた『スタンフォードの自分を変える教室』を借りることができたので、概略をメモ。実行に移してみようかなと思える内容ではある。

第一章のポイント

意志力には、「やる力」「やらない力」「望む力」の3つの力がある。これこそ、私たちがよりよい自分になるために役立つものである。

・できない理由を特定する

あなたの意志力のチャレンジにおいて、やるべきことは何でしょうか? なぜそれを行うのが難しいのでしょうか?

・もうひとりの自分に名前をつける

あなたの意志力のチャレンジにおいて、せめぎ合う2つの自己はそれぞれどんな自分なのか考えてみましょう。賢いほうの自分は、どんなことを望んでいるのでしょうか。

意志力の実験

・「選択した瞬間」を振り返る

意志力のチャレンジに関して一日のあいだに行った決断をすべてふり返ってみましょう。

・5分で脳の力を最大限に引き出す

「吸って」「吐いて」と心の中でつぶやきながら、呼吸に意識を集中しましょう。気が散っているのに気がついたら、また呼吸に意識を戻します。


最後のは瞑想です。

できない理由を特定する。自分の中に、相反する欲求をもった人間が二人いるというのはわかるのだけど、どうやって理由を特定するのかは書いてない。結構難しいな……

とりあえず瞑想からやってみるかという感じ。

続きはまた明日。
関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://attractionlife.blog.fc2.com/tb.php/38-a5b02d3a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。