HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>本

『スタンフォードの自分を変える教室』第3章

きょうは第三章。疲れていると抵抗できない。……確かに。

自己コントロールは筋肉に似ている。使えば疲労するが、定期的なエクササイズによって強化することができる。

マイクロスコープ

意志力の増減を観察する

今週いっぱい、自己コントロールの推移を追ってみましょう。どんな時に意志力が最も強いと感じるか、どんな時に誘惑に負けたりあきらめたりしてしまうかに注目します。

疲労感を気にしない

つぎに「疲れすぎて」もう自己コントロールなどできないと感じたとき、その最初の疲労感を乗り越えて、もうひと踏ん張りできるかどうか試してみましょう。


意志力の実験

・お菓子の代わりにナッツを食べる

体に持久性のあるエネルギーを与えてくれるような食べ物を摂取するよう心がけましょう。

・目標に関係のある強化法をやってみる

今週はやるべきこと(やる力のチャレンジ)とやってはいけないこと(やらない力のチャレンジ)をひとつずつ決め、自己コントロール筋を鍛えましょう。もしくは、ふだんととくに注意をはらっていないことについて、きちんと記録をつけてみましょう。

・「望む力」をつくりだす

自分にとって最大の「望む力」―元気が出ないときでも強さを与えてくれる力―を発見したら、誘惑に負けそうになったときや、目標をあきらめそうになったときは、いつでもその力のことを思い出しましょう。


んー、簡単にできそうなのは、ナッツを食べる(笑)。ほかは、読んだのに、何だか頭の中から消えて行っている。マズイ。

「やらない力」を強化する、「やる力」を強化する、自己監視を強化する。

それから、疲労は脳が感じているものであって、体の限界は実はまだ先なのだそうだ。体を守るためにそういう仕組みになっているんだね。なるほど。

そして筋肉は使わなければだめになる。

その通りだ。今日はちょっと誘惑には勝ったかな? でもやる気はまだ起きない……


スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室
(2012/10/20)
ケリー・マクゴニガル

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://attractionlife.blog.fc2.com/tb.php/41-b1f66f2a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。